LOUISVUITTON ルイヴィトン 持ち手革交換

こんにちはミコト工房です。

今日はバッグの修理では大変多いヴィトンの持ち手の交換をしましたのでご覧下さい。
使わないうちに劣化してダメになる内張りの交換と違い、
使い込んでダメになるのが持ち手ですね。

革はメンテナンスが大切ということですね。

かろうじてステッチでつながってます。

上が新しく作製しました持ち手ですね

装着するとこうなります。

さる革が痛んではいますが、よみがえりました

いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA