LOUIS VUITTONルイヴィトンのヌメ革持ち手、口革、ストラップ交換

こんにちはミコト工房です。

今日はバッグ修理でも特に多いルイヴィトンの修理をご紹介します。

ヌメ革を使ったバッグにはよくある革のみのダメージ。

シミもあれば、乾燥にともなうひびや削れ、
こうなってしまうと素人さんでは手に負えなくなります。

日々のお手入れが特に大切です。

写真はひびや削れ、シミもある口革です。

下にあるのは持ち手、口革、サイドストラップを交換済みのバッグです。

上がひびが入って今にも切れそうな持ち手です。下二本が新しい持ち手です。

付け根です。

いかがでしょうか?

★革製品の製作ご依頼は随時受け付けております。

お見積もりは無料です。お気軽におたずねください。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA