Clarksクラークス滑り革の補修、ヒールの補修

今日は12月の気温として観測史上最高を各地で記録したそうです。
熊本でも天草地方で25℃を超え夏日と言うことでした。
さて今日はClarksクラークスの踵内側の滑り革、ここの補修をご覧ください。

破れてます。
革を当てて接着して上部を縫いました。

ステッチダウンの靴ですので踵の縫い糸をほどき、
滑り革の下部はソールとアッパーの間に入れ込みました。

それからヒール外側がかなりすり減っていましたので二段に分けて補修しました。

 

いかがでしょうか?
:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
当工房のホームページがございます。
そちらから修理や製作以来もできます。一度訪問してみてください。
検索は
で当工房のホームページに行けます。

ホームページ

ブログを読んでくださる方は
から入れますし、
修理や製作以来でしたら
≪ご依頼の流れ≫
から必要事項を書き込み送信お願いします。
一度訪問してみて下さいね。
お待ちしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA