ヴィトンバッグの持ち手交換

こんにちはミコト工房です。

今日は持ち手がボロボロに劣化した

ヴィトンのバッグの持ち手修理を紹介したいと思います。

持ち手修理のご依頼でしたが、

修理不可能と判断して交換をおすすめしました。

こちらです。

ご覧のように修理は手遅れと判断しました。

そこで手触りのいいソフトオイル牛革を使って作製します。

本来の持ち手の厚みは5ミリ、

そこで2.5ミリの革を二枚重ね合わせ、間に延び止めテープを入れ両端をぬいます。

コバはコート剤を塗って処理。

完成品はこちらです。


いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA